【フェリンググラップル】

フェリンググラップの特長

フェリンググラップルの特長
ポイント①

0.07m3クラスなどのミニユンボで立木の伐木作業が安全に行えるアタッチメントです。
様々な追加オプションが用意してあり、購入後のアップグレードも可能な仕様になっています。
 

 

 ↑ スタンダードモデル(0.07~0.1m3用)重量70kg ↑
油圧旋回モデル(0.2~0.25m3用)重量450kg
※このモデルで重量470kgまでの材の伐木・玉切・掴み作業を安全に行えます。
(参考までに標準のブームとアーム仕様の0.25m3クラスで
アタッチメント込の最大積載質量が920kg前後になります。
追加ウェイトを付けているのであればさらに+100kgです)

フェリンググラップルの特長
ポイント②

0.2m3クラス(4t)以上であればオプションの旋回ユニットを追加する事により
360度油圧旋回が可能となります。

また、旋回ユニットを装着する事により、玉切り作業や集積や積込作業が楽に行えます。
 
 

フェリンググラップルの特長
ポイント③

スウェーデン鋼の鉈刃は非常に切れ味が良く、パワーの少ないミニユンボでもスムーズに伐木可能です。
 
↑写真は0.2~0.25m3クラス用の刃物です。↑
 
↑0.45m3クラスでの切断面です。
尚、このクラスの最大切断径は300mmです
 

フェリンググラップルの特長
ポイント④

刃の操作に特別なスイッチは必要なく、ペダル操作で制御できます。
 
 

フェリンググラップルの特長
ポイント⑤

用途に合わせオプションの追加装備が可能

1、枝払い機能付きトング

立木の上部を掴んだ状態で下までスライドさせると簡単に枝払いが出来ます。
 
※0.2m3以上のクラスの場合は標準で装備されています。
 
2、Eキット(サブアーム1)

細目の木を連続して伐木出来るようになります。
切った木をサブアームに抱いたまま次の木の伐木に移れます。
※Eキット(サブアーム)は0.2m3以上のクラスからご利用可能です。
 
3、EGキット(サブアーム2)


大口径の木や長尺の木を運搬する際に保持を安定させる為に使用します。
 
 
4、ベース機や用途に合わせブラケットが選択できます

フェリンググラップル仕様

型式
適合クラス
(ユンボ重量)
カット最大径
(mm)
トング最大開口幅
(mm)
アタッチメント重量
(OP無し)
EWG-110
1~3tクラス
120 580 59kg
EWG-160
3~5tクラス
180 840 160kg
EWG-180
5~8tクラス
200 775 300kg
EWG-230
6~12tクラス
250 775 230kg
EWG-300
10~20tクラス
300 775 300kg
EWG-450
10~20tクラス
450 850 550kg

販売価格

お手数ですが、お問い合わせください。
お支払い方法につきましては自社ファイナンス(割賦販売、割賦リース)もご用意しております。

フェリンググラップ動画

 
page 076