【グリップカッター】

グリップカッターの特長

グリップカッターの特長
ポイント①

  アタッチメント用の配管が2本(往復配管)で
使用可能なアタッチメントです。
面倒な電気配線やドレン配管は必要ありません。
また、バケット交換をする場合も通常の交換作業と配管を
2本外すだけなので次の作業にもスムーズに移行出来ます。
 

 

 

グリップカッターの特長
ポイント②

 
0.07m3クラス(2t)の小型のユンボでも伐木作業が可能となります。
また、脱着式のカッターを外す事により、グラップルとして使用可能です。
 

 

 
 
 

グリップカッターの特長
ポイント③

 
アタッチメント下部の刃物に抱えた立木を
押し付けて切る造りになっています。
構造的に簡単な造りになっているので
故障も少なく、高い稼働率と
安価なメンテナンスコストが期待できます。
 
 
 
 

グリップカッターの特長
ポイント④

 
立木の伐採以外にも竹林の伐採等にも使用可能です。
  
 
 

グリップカッターの仕様

型式
適合クラス
(ユンボ重量)
カット最大径
(mm)
トング最大開口幅
(mm)
アタッチメント重量
(OP無し)
TGC-30
2~5tクラス
100 565 220kg
TGC-60C
4~8tクラス
150 532 340kg
TGC-120
10-16tクラス
200 820 895kg
TGC-200
18~23tクラス
300 950 1300kg

販売価格

お手数ですが、お問い合わせください。
お支払い方法につきましては自社ファイナンス(割賦販売、割賦リース)もご用意しております。

グリップカッターの動画

 

   
 
 
 
page 078