上段へ移動





























































































































































































































上段へ移動
































































































上段へ移動

























































































上段へ移動

 
水中ブレーカ(水陸両用油圧ブレーカー)
 

  【概要】 

  水中仕様油圧ブレーカーはロッド部が水没する水中での破砕に使用出来ます。
  エアーコンプレッサーを併用することで油圧ブレーカー本体内部への水の浸入を防ぎ
  水中での作業を可能としています

  【使用方法】

  ○貸出機材

  ・油圧ブレーカー本体
  ・チゼル
  ・付属エアーホース(ゲージ付き)7~8m

  ○現場にてご用意頂く機材
  ・配管付バックホウ
  ・コンプレッサー(25HP以上)
  ・エアホース(コンプレッサーから付属エアーホースまでの長さ)

 

  ○取付方法

  ①バックホウのバケット部を外しブレーカーを取り付け、ブレーカー本体からつながっている
    油圧ホースをバックホウの配管へ繋いでください。

  ②ブレーカーに本体に同梱されていたゲージ付きエアーホースをブレーカー本体のホース差込口の
    根元まで差し込みバンドで固定して下さい(出荷時に繋いである場合もあります)

  ③本体へ取り付けた付属エアーホースをアーム→ブームと経由させバックホウキャビン後方へ
    持っていき、作業の支障にならない箇所へ固定して下さい。
   アーム・ブーム等の可動部分は長さに余裕を持たせて取り付けて下さい。
   ホース固定は結束バンドで十分保持出来ます。

  ④付属エアーホース端部にコンプレッサーからのエアーホースをつなげて下さい。

  ※付属エアーホースにはエアーゲージが取り付けられています。各バックホウの掘削半径をっ考慮し
    設定をしています。コンプレッサーを接続後、ゲージが0.2㎫になっていることを確認してくだ
    さい。ブレーカー内に送る空気量、圧力が適切でない場合は性能の低下、ブレーカーの破損、
    バックホウの重大な故障に繋がります。
    設定に自信が無い方は、最寄りの建機レンタル店(アクティオ・カナモト・共成レンテム・レンタルの
    ニッケン等)にご相談下さい。レンタル店経由の貸し出しも可能です。

  ○ベースマシーンとコンプレッサーについて
  ・ベースマシーン(バックホウ)はブレーカー配管機をご用意下さい。
  ・コンプレッサーは1.6m3/min以上の物をご用意下さい。
  ・エアーホースはベースマシーンとコンプレッサーの距離を考慮し余裕をもってご用意下さい。

  ○ブレーカーへ送る空気量に関して
  ・水深・ホース長・ホース径より異なってきますが、水深10m以内の作業であれば、水深・
   ホース内の圧損を考慮し、下記表を参考にコンプレッサーを選定して下さい。

  ・同じく水深10m以内での作業では下図のようにエアーゲージの数値が0.15~0.25㎫を
   指していればコンプレッサーは正常です

  ※水深10m以上での作業の場合は別途ご相談下さい。
 
  ○使用方法
    使用上の注意として以下の事項を守ってお使い頂くようお願いいたします。 
    ・陸上用ブレーカーと同様のご使用方法、禁止事項を確認頂き厳守頂くようお願いいたします。

※グリスの給脂は陸上使用で2時間ごと、水中使用時は【1時間ごと】に行って 下さい。
(水中使用時はエアーと共にグリスが排出される為、早い間隔での給脂が必要となります。)

 

※垂直以外の打撃はブレーカー内に水が入る恐れがありブレーカー本体とベースマシーンの重大な故障の原因となります。
ご利用の際は、十二分に注意して作業にあたってください。

 

・水中ブレーカーはピストン内部に水が流入しない様コンプレッサーからのエアー供給が必要となります。使用時には常にエアー供給が行われていることを確認しながらご使用ください。
何らかのトラブル(コンプレッサーの燃料切れ等)が発生した場合は、速やかに水中からブレーカー本体を引き上げて下さい。

・使用中はコンプレッサーから送られたエアーが小さな気泡となって水面に上がってきます。オペレーターの方は常に気泡の有無を確認しながら作業を進めて下さい。

・コンプレッサーからベースマシーンへ伸びているエアーホースはベースマシーンが移動する事により、よじれが生じたり誤ってベースマシーンで踏んでしまいエアーが供給されなくなる場合があります。ホースの取り回しには十分注意して下さい。
エアー供給が停止又は不足した状態でブレーカーを使用し続けるとブレーカー本体だけでなく、油圧ホースを伝いバックホウ本体まで水が回り、重大な破損の原因となります。

  ○作業終了後の保守点検

  ① 作業終了後は、エアーを通しながら油圧ブレーカーを水平・上向きに上げ、フレーム内に入った
    土砂・水を排出し真水で全体を洗浄して下さい。

  ②真水をエアホース内に注入して、コンプレッサーからエアーを2~3分間吐出します。

  ③油圧ブレーカーを下向きにして、ロッドをゆっくり地面に押し当てフロントヘッド内の真水を
    排出します。

  ④油圧ブレーカーを図のような姿勢にして、コンプレッサーからエアーを吐出しながら5分程度
    空打ちさせ、ブレーカー内部に残った水分・塩分を完全に取り除きます。

  ⑤上記空打ちを行った後に500cc以上の作動油をエアホース内に注入しコンプレッサーを
    2~3分程度、作動させます。

  ⑥ロッドを地面に接触させ、ロッドをピストンに押し付けた状態で、フロントヘッドからグリースを
    給脂します。

  ⑦油圧ショベルのエンジンを停止し、作動油タンクのレベルゲージで作動油の色相をチェックして
    ください。作動油の劣化または白濁が確認された場合は作動油の交換とオイルエレメントの
    交換をお願いします。

  ⑧雨水、海水からブレーカーを守る為に油圧ブレーカーのロッドおよびフロントヘッド部に防水シート
    を掛けて下さい。

  ○運搬ついて

  ・日本全国に発送可能です。バックホウは全機種に対応可能ですのでブレーカーのみの発送と
   なります。
  ・0.7m3クラスは鉄道コンテナ便(最寄りのコンテナヤード止め)で発送します。
  ・0.45m3クラスはトラック混載便(御社ヤードまで箱車で配達、車上渡しとなります)で発送します。
   ※リフトをお持ちでない場合は最寄りの西濃運輸営業所止めも可能です。
    尚、工事現場への直接の配達は行っておりませんのでご注意下さい。

 

   ○レンタル機ラインナップ

   ・0.7m3クラス用
   FXJ225、FX220
   ・0.45m3クラス用
   FC120

 
 合わせてお得
 
水中ブレーカ レンタル料金
 
型式
日割単価
月極単価

 0.7m3用レンタル料金

14,500円
290,000円

 0.7m3用保証料(水中使用時のみ)

5,000円
100,000円

 

 0.45m3用レンタル料金

12,000円
240,000円

 0.45m3用保証料(水中使用時のみ)

5,000円
100,000円

 

   

 1.2M3用レンタル料金

17,500円
350,000円

 1.2M3用保証料(水中使用時のみ)

5,000円
100,000円

※配送費用、脱着工賃、チゼル損料,整備費は別途となります。

 
【社外チゼルの格安販売】


※1ヵ月以上のレンタルをご予定のお客様の場合、社外チゼルをご購入頂いた方が損料よりも安く済む場合があります。また、既に油圧ブレーカーを所有されている方も純正品より安くチゼルを調達できますので是非ご利用ください。下記バナーより各メーカーの社外チゼルの価格がご覧になれます。


 
【水中ブレーカー関連商品】
 

弊社では水中ブレーカーの使用に関して環境保全の観点からバイオグリース(生分解性グリス)の
使用を推奨しております。

品名
使用温度 (℃)
容量
本数
税抜価格
バイオグリス
-15~+130
400ml/本
20本入
16,000円/1箱
※本製品は1箱からの販売となります。
 
 
水中ブレーカ 画 像 ・ 動 画
 
Beautiful Horses
  Beautiful Horses   Beautiful Horses
 
 
 
 
水中ブレーカ 資 料
 

 ※ご利用予定のお客様は該当機種の【取扱説明書】と【水中仕様取扱説明書】、【水中ブレーカー使用
上の注意】を良くご覧ください。用法を誤ると事故や重大な故障の原因となります。

 
 
 
Copyrightc 2015 FURUGAKI CORPORATION All Rights Reserved.